中学生と赤ちゃんとの交流

 

 今年も、中京中学校の3年生と児童館を利用している乳幼児親子さんの交流を行いました。

 夏休みを利用して、手作りおもちゃや劇、トンネルなどとても力作で、準備をしっかりしてやってきてくれた中学生でした。

 お母さんたちも、抱っこをさせてくれたり、インタビューに熱心に答えてくれたりと、とてもいい交流となりました。

 中学生にとっても、お母さんたちにとってもそれぞれに自分の、わが子の、少し先の姿が想像できるのかなあと思います。赤ちゃんをだっこして、きっとかわいいと思える温かみを感じて帰ってくれたのではないかなあ・・・

 

 手作りの絵本、エプロンシアター、ふわふわの布で遊んだり、とても工夫したあそびを展開してくれました。

 お母さんたちも大喜び♪

 ドキドキしながら、たくさんの中学生が、赤ちゃんを抱っこさせてもらいましたよ。

 

 

 赤ちゃんたちが来る前に、児童館は、中学生も利用できるところ、そして、親になった時にまた利用できるところだよ・・・と説明しながら、胎児の模型や新生児と同じ大きさ、重さのお人形をだっこしたり、妊婦体験服をつけてもらって、座ったり寝たりと重いお腹で動くことが大変なことなどを体験してもらいました。