児童館に赤ちゃんがやってきた♪

 10月に入ってから午後から遊びに来てくれているきょうだい。3歳のお兄ちゃんと1か月の弟くんです。同じ時間帯を過ごす小学生たちは興味津々。触りたくて触りたくて・・・であっという間に人だかり。「頭はまだ柔らかいからそ~とやさしくね。」「抱っこは座ってしようね」と声かけながら。子どもたちは「かわいいな~」「こんなに足が小さいよ~」「ミルクってどうして作るの?」などなど。

 昔は、町内会だったり、親戚だったりに赤ちゃんがいて、自然と触れ合ったり、ミルクを飲ませたり、おむつを替えたりというところも目にしていて、親になった時にそのことが経験値となっていたのだと思いますが、最近はなかなか見られない赤ちゃんのいる生活ですね。この時ばかりはやんちゃな子どもたちも、やさし~い感じで接してくれます。

 児童館ならではの異年齢交流です(*^。^*)