震災復興応援 こいのぼりプロジェクト

 東日本大震災で被災した子どもたちを応援しようと児童健全育成推進財団が日本中の児童館に呼びかけた「忘れない!みんなゲンキに 児童館こいのぼりがいっぱいプロジェクト」。朱三児童館も、毎年この時期に震災のお話を聞いて、こいのぼりづくりをしています。

 石巻の大津波が来た所や、子どもたちや町の人たちが、階段を一生懸命登って非難したこと、福島県の原発が壊れて人が住めなくなってしまった話。人だけでなく、牧場で飼われていた牛たちの話、これが起こったのは今の1年生が生まれていない時の話だけれど、今でもまだまだ壊れたままになっているところがあることなど写真を見せながら話をしました。


 地震が起こった時、どうしたらいいのかお話をして、みんなにメッセージを書いてもらいました。いろいろ聞きに来てくれる子、気持ちがいっぱいになって、涙がぽろぽろ出てしまった子、真剣にメッセージを書いている子・・・どの子も優しさがいっぱいでした。


←地震が起きたら自分も違う人も助け合おう。みんなで助け合うこと自分だけじゃないみんなのことを助けよう

 

こんな素敵なメッセージを書いてくれたお友達もいました♪