春休み中の児童館♪

 新年度が始まりましたね!今年度も朱三じどうかんでは、たくさんの楽しいイベントや役に立つ情報を発信していきたいと思います。ひきつづき、たくさんの子どもたちが遊びに来てくれることをまっています!!

 

 さて、現在春休み中のじどうかん。学童クラブでは一足早く新一年生も来ています。春休み中の様子をおしらせします♪

 4月5日は、「公園で遊ぼうデー」!桜が満開の光徳公園に遊びに行ってきました!児童館からいった子どもたちのほかにも公園で仲良くなった子、4月から中学生の女子グループ、乳幼児さん親子などたくさんの交流がありました。


 4月6日は、「こいのぼりプロジェクト第1弾」と「おやつデー」がありました。

「こいのぼりプロジェクト」は、東日本震災や熊本震災の被災地の子どもたちに「みんなでゲンキを」こいのぼりにのせておくるという趣旨のプロジェクトです。児童健全育成推進財団主催の全国的な取り組みで朱三じどうかんでも毎年エントリーしています。今日は、その第1弾として、小学生の子どもたちに震災の話をきいてもらい、メッセージカードをかきました。

 震災の話は、実際に東日本震災当時、関東在住だった職員がそのときの混乱や、物資の不足、子どもたちの不安な様子などをはなしました。

みんな真剣な様子で話をきき、そのあとは、こいのぼり型のメッセージカードに一生懸命メッセージを描いていました。

 今後のプロジェクトの予定は、4月17日(月)~大きなこいのぼり掲揚、乳幼児クラブでのこいのぼり制作、メッセージカードの募集です。メッセージは誰でも書いていただけます!じどうかんに来館されたときはぜひかいてくださいね。


 

 「おやつデー」は、児童館恒例のお楽しみイベント!新1年生は初めての参加に少しドキドキしながら学童クラブの2.3年生に優しく教えてもらい楽しそうにしていました!

 

 自由来館の子どもたちが、お店屋さん担当です。開始時間の2時間前には集まってくれ、開店準備を手伝ってくれました。今回の目玉は、みるくせんべい!お店屋さんとのじゃんけん勝負で何枚もらえるか決まります!みんな真剣勝負。勝った子どもは大喜びでした♪