朱三じどうかん クリスマスフェスタ♪

 12月17日(土)は「朱三じどうかん クリスマスフェスタ」!!

乳幼児さん・小学生・中高生の3部構成で一日中クリスマスを楽しみましたよ♪

 

 第1部は乳幼児さん親子。朱雀第三小学校の多目的室をお借りして、盛大なクリスマス会になりました。


 プログラムの一番手、ウェルカムホームさんによる紙芝居では優しい音色にのせた楽しいお話をききました。ほかにもゲームやてあそび、2歳児さんのステージなど盛りだくさん!最後は、おまちかねのサンタさん登場!!こどもには、食物アレルギーのある親子を支援する「京都ぴいちゃんねっと」さんから購入した小麦・卵・乳不使用のおやつを。大人にはクリスマスの定番シュトーレン!東日本大震災の復興支援プロジェクトと連携されている福島県の「フルクテン」さんのものです。民生児童委員さんにもお手伝いいただいて、参加者約140名!とっても楽しかったね♪

 そして第2部は小学生!!1年生~6年生まで22名が集まりました。

 低学年を楽しませるために、高学年は大活躍!!


 みんなで餃子の皮でピザを作った後は、高学年はゲームの進行をするチームとピザとケーキを焼くチームにわかれてクリスマス会を進行してくれます。一つ目のゲーム、イントロクイズは低学年でもわかる曲を6年生2人が選曲してくれました。わかったら「はい!!」と元気に手を挙げて大盛り上がり。ピザとケーキも手分けして22名分時間内に完成!!「いただきま~す」をしたら最後はキャラクター名ビンゴ!高学年も加わり、みんなで楽しみました。

 そして、ラストは中高生だけのクリスマス会!中一の2人が遊びに来てくれました。「なにしたい?」と聞くと「キャンドルともして、大声でマイクで叫びたい」とのこと(笑)。 寒い中、キャンドルを作って学童さんたちが帰った後のじどうかんで熱唱する中学生。学校のことや、友達のこといろいろお話しました。途中、保護者の方が差し入れをくれたり、ボランティアさんも加わって、最後まで笑いの絶えないクリスマス会でした。