児童館キャンプinガリバー青少年旅行村

今年の児童館キャンプは、8月12日(金)~13日(土)の日程で、滋賀県の「ガリバー青少年旅行村」に行ってきました!

 「自分たちの生活を自分たちで決めて実行する」を目標に、4年生~中学生までの子どもたち10名が参加しました。

 当日までの約1ヶ月、飯ごう炊爨の練習や当日の計画づくり、準備を行ってきた子どもたち。どんなキャンプになるのか出発前からドキドキです!!


 JRとバスを乗り継いで約2時間!2日間の食材や、備品も自分たちで運びました。重たい荷物にふらふらの4年生男子たちと余裕の女の子3人組が対照的でした(^^)

 


川遊び

飯ごう炊爨

肝試し&花火


 自由遊びでは、旅行村内の探検や、アスレチック、川遊びなどとにかくたくさん遊びました!自然がたくさんで、遊んでいる最中にもいろいろな虫を発見したり、木の実を見つけたり。川では、オタマジャクシ探しに夢中でした。

 飯ごう炊爨は、夕食と朝食の2回挑戦!初めての火おこしに四苦八苦する様子も。苦労した甲斐もあり、おいしくできました!

自然の中でみんなと食べるご飯は格別です。

 そして、夜はお楽しみの肝試し&花火!肝試し係の考えてきた怖い話をきいて、つり橋を渡ってくるという肝試し。無事に帰還すれば花火で遊ぶことができます。そして、ここでも余裕の女の子と、全力ダッシュをする男の子。

 花火の後は、みんなで天文台へ上って星を見ました。京都市内では見ることができない星空。とってもきれいでした。

 便利なものであふれている現代、待っていればなんでも出てくる生活の中で、今回のキャンプは子どもたちにとって楽しいだけではなかったかもしれません。でも、行きは重たい荷物と長距離移動に疲れた顔をしていたみんなも帰りには少しだけたくましくなったようです。